スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

里山の光芒

DSC07621.jpg


こちらも熊野古道ウォークでの集落からの写真です。

この写真は加工を施しています。

奥の光芒を描写する為に暗めに露出し、手前の里山を明るく補正しています。

今のカメラではこういうことをしなくちゃいけません。

僕の尊敬する写真家さんがこういう言葉を残しています。

Retina Photo(レティーナフォト)


人間の網膜で見たような写真。

今、デジタルになった時代にいつまでもフィルム的な写りを強要する全日本写真連盟に鋭くメスを入れてくれてますw

海外ではもうフィルム的な写りは古いです。


といいつつ・・・

僕のフィールドは日本なのでフィルム的に現像しますが、フィールドが海外に移った場合。

海外のニーズに柔軟に対応するのも重要だと思います。


にしても不自然な感じ出さないように現像するのは相当技術がいりますね。

これからちょくちょくRetina Photoの練習をしていきたいと思います。。。


スポンサーサイト
[ 2012/12/18 20:13 ] Landscape | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。